後悔は自分の力を出し切ることを拒んだ末の結果なのかもしれない

私が「ひぐらしのなく頃に」と言う作品に出会ったのは
まぁぶっちゃけた話某東海の人の影響にあります
HPの掲示板で話題になってたのを見て多少の興味を持った事から始まります



いつのことだか忘れましたが
一昨年のことだったかと思います
まだ「解」が発表されていない頃の話です
HPで鬼隠し編DLしてちょっとやってみてとか考えたこともありましたが
まぁ盛り上がりようと言うか何というか
熱く語る人がいたのと、値段的に非常に手頃感があったのとで
何の気無しに手に取ってみたのが始まりだと思います

そしてその世界にだんだん引き込まれていくも、まだこう現実の方に引き戻されるというか
気持ち自制が働くのか性格なのか、読む方のスピードってまぁ進まない物ですw
鬼隠し編と綿流し編は割とすんなり通った気がしますが
祟殺し編と暇潰し編は凄く引っかかって前に進まなかった記憶があります
いたたまれなくなってやめるというのもあったのでしょうかねぇ
まぁそんな推測したところで、当時の私の記憶など良く覚えていないので
真実は闇の中って事ですけどねw

そして読了してから1ヶ月無かったと思います
目明し編が発表されます
個人的には、目明し編ってあんまり好きじゃありません
ぶっちゃけた話事件をなぞってる感が抜け切らなくて
まぁ実際違う部分はありますが、これが舞台裏だって言う番組を
なんとなーく惰性で見てたそんな感じが残っています
進めては止め、また進めては止めと言った感じで
読了するのにかなり時間がかかった事を記憶しています

まだ読了していない頃
詩音が憎しみの迷路に閉じこめられたあたりだったでしょうか
罪滅し編が発表されました
私はこの作品は池袋のとらのあなで入手することになります
その後のRO関係の伊豆前オフにて、まだ読了してないことを驚かれた記憶があります
面白いんですが、何となく期待はずれ感が抜け切らなくて細切れに読んでいたのですが
罪滅し編発表を機に読了します
なんてか切なさ大爆発でした
ただ、決して誉めて言ってる訳でなく、多少の期待はずれ感もあったことを認めます
そんな心境の中罪滅し編を読み始めました

個人的にはこの話好きです
ちょっとずつ謎が解決していくのですが、新しい展開に基づいて答え合わせがされていくので
新しい話を楽しみながら心のつっかえが取れていく感じですかねぇ
ただ、罪滅し編に関しても皆殺し編が発表されるまでに読了することはできませんでした
なんてかこう痛々しくて先に進む勇気ってのか元気ってのか
そう言うものが出てこなかったんですよ
まぁ、それは読了した後に後悔することになるのですがw

まぁそんなこんなで前置きがもの凄く長くなったわけですが
ついさっき「皆殺し編」を読了致しました

割と飽きっぽいと思っている自分ですが
ここまで引き込まれるのは凄く久しぶりな気がします
多分「バトルロワイアル」を4日かけて一気読みした時みたいな感じ
今現在、改めて「ひぐらしのなく頃に」という作品の凄さって言うんでしょうか
そう言ったものを再認識してます
仲間って良い物ですね

余り多くを語るともしまだプレイしていない人に対してネタバレとかになりますんで
当たり障りの無いようにちょこっとだけ言ってみるとこう

前へ進むと言うことは辛く大変ですが
様々な困難に立ち向かって進むっていうことは
とても尊い事ですね

と今の自分の率直な感想
私を止める要素が何もないひぐらしってのも初めてじゃないかなぁとか思ったりw
まぁただ1点
あいつ「だけ」が喜んでるって状況は気に入りませんねw

恐らく夏に発表されるであろう「祭囃し編」が楽しみです
短く深くそして長かった物語に
きちんと終止符が
納得のいく形で緞帳がおろされる事を祈ります

・・・いぁ

私 だ っ て 傍 観 者 じ ゃ な い

私 も 奇 跡 っ て も の を 信 じ て み よ う じ ゃ な い か

そんな熱い想いがまだ心に残るうちに形にしておきたかった
そんな木曜日の夜の出来事でした
[PR]

by karunyan2 | 2006-01-05 21:48 | ゲーム